ハルナプロデュース

役員ご挨拶

ハルナプロデュース株式会社
代表取締役社長
中澤 幹彦

ハルナグループも20周年を迎えました。平素より格別のご厚情を賜り、心から御礼申しあげます。
日本経済は20年以上の低迷を続け、政治の混迷、エネルギーほか経済情勢の悪化、人口動態の変化、消費の低下等、我々を取り巻く環境は大きく変わってまいりました。当社は、ここ数年、生産部門では、エネルギー改革、プラントシステムのイノベーション(PSI)など、営業部門では、商品企画、マーケティング対策の強化など、様々な改革を実施してまいりました。
各社、各機能の実力は、人財の成長とともに大きく飛躍することができましたが、今後の時代背景を考えますと、従来のように各機能が別々に機能を磨く分社化の延長線上では、今の飲料市場、時代の変化に対応することが難しい状況です。この時代の中で、ハルナグループの強みを生かし、お客様の立場に立った新たなイノベーションに取り組むことが急務であると考えています。
そして、会社としても成人(20周年)した本年、2016年4月より新会社ハルナプロデュース(株)がスタートいたしました。これまでハルナグループ内の事業会社として、それぞれ高めてきた営業機能(マーケティング力)、商品開発機能(創造力)、生産機能(イノベーション力)の3つの力を結合し、新たな価値創造を果たしてまいります。
また、商品開発・マーケティング営業・生産を結合し、ハイスピード、高効率を実現するとともに、様々な進化を遂げる市場への対応力の強化と、お客様に感動していただける経営を目指し「新たなる挑戦! 感動経営を実現しよう!」を合言葉に、顧客の立場に立ち、社員一同、心を合わせて、お客様に感動していただける会社経営に取り組んでまいります。
全社員で力を合わせ、勤勉で、積極的で、明るく健康で、ステークホルダーの皆様へ感謝の心を持ち、飲料事業を通じて世界中の皆様の幸せに貢献いたします。人と企業の成長から、常に最善最高の製品サービスを提供し、「仕事を通して多くの人々に幸せと感動を!」新たな価値創造に取り組んでまいります。

会社概要
商号

ハルナプロデュース株式会社

創業 2009年4月1日

所在地

本社:

〒370-3531
群馬県高崎市足門町39-1
TEL 027-372-6911(代)
FAX 027-372-6912

東京:
〒103-0027
東京都中央区日本橋3-8-4
日本橋さくら通りビル2F
TEL 03-3275-0191
FAX 03-3275-0192

ハルナプラント:
〒370-3531
群馬県高崎市足門町39-1
TEL 027-372-5875(代)
FAX 027-310-0717

タニガワプラント:
〒379-1307
群馬県利根郡みなかみ町政所1011
TEL 0278-62-1111(代)
FAX 0278-62-1144

第1ライン / HACCP取得工場 / 有機JAS認定工場:
茶系飲料(緑茶、烏龍茶、混合茶)
ハルナプラント
群馬県高崎市足門39-1

第2ライン / HACCP取得工場 / 有機JAS認定工場:
茶系飲料(緑茶、烏龍茶、混合茶、紅茶)
ハルナプラント
群馬県高崎市足門39-1

第3ライン / HACCP取得工場:
低果汁飲料、茶系飲料(緑茶、烏龍茶、混合茶)
機能性飲料(スポーツドリンク他)
ハルナプラント
群馬県高崎市足門39-1

第4ライン:
ミネラルウオーター
タニガワプラント
群馬県利根郡みなかみ町政所1011

第5ライン:
果汁飲料、スポーツドリンク、乳性飲料、ニアウォーター、機能性飲料、烏龍茶
タニガワプラント
群馬県利根郡みなかみ町政所1011

ハルナジョイパック社 / JAS認定工場:
茶系飲料(緑茶、紅茶、烏龍茶、ジャスミン茶、混合茶)スポーツドリンク、果汁飲料、野菜飲料
ハルナジョイパック(株)
和歌山県海南市七山711-1

資本金 4億円
売上高 193億円
事業内容 商品企画開発・営業・購買・生産
社員総数 218名
役員

代表取締役社長 中澤 幹彦
常務取締役兼専務執行役員  古市 直也
常務取締役兼専務執行役員  山崎 敦也
執行役員(営業本部長) 松下 護
執行役員(製造本部長) 小池 賢司
執行役員(商品開発本部長) 邑上 豊隆
執行役員(品質保証本部長) 清水 秀憲

2016年5月9日現在